まとめる前におさえるポイントとは

おまとめローンは消費者金融や銀行カードローンなどの金融機関で申込ができます。
しかし、単に金利が下がればどこでもよいというのであれば、現状よりも金利の低い会社を探すことはそれほど手間はかかりません。
ただ、場合によっては金利以外の条件でおまとめをしたあと得になる場合とまとめないほうがよかったとわかれることもあります。

「現状の借入額をつかみ、シミュレーションする」
まず現在の借り入れ状況を正確に把握することが大事で、何社から借入をしているのか、それぞれの金利はどれくらいになるのか、毎月どれくらい返済して完済までの総返済額がどれくらいになるのかを確認しておきます。
つぎに、その状況がつかめたらおまとめローンをどのように利用したいのかを考えてみましょう。
たとえば、毎月返済額にゆとりを持たせたいので、できるだけ金利を低くしたい、できるだけ早く返済したいので返済期間を短くしたいというように別れると思います。
目的が決まったら、「返済シミュレーション」を利用して、借入前と借入後のことをシミュレーションしてみることが重要で、「おまとめをしたために総返済額が多くなる」ということもありますのでやってみる価値はあるはずです。

「おまとめ先を決めるときのポイント」
おまとめは消費者金融や銀行カードローンによって違いがあります。
大きく分けて消費者金融は銀行カードローンに比べて審査に通りやすいというのがメリットになりますが、カードローンに比べて金利が高めになる、銀行カードローンは消費者金融に比べて金利は低くなりますが、審査が厳しく融資までに時間がかかるといった、それぞれ正反対の特性があります。
ただ、消費者金融でも「おまとめローン」の商品は一般ローンの金利が18,0%前後なのに比べて14,0%程度に抑えている大手消費者金融があります。

このことから銀行カードローンでおまとめをするときは金利が14,0%以下のところを探さなければ、単に審査が厳しくなるという結果だけになりますので、それ以下の金利のカードローンを選ぶか、審査が通りやすい消費者金融を選ぶか判断しなければなりません。

「これ以上借金はしたくないかたは任意整理も選択肢のひとつ」
おまとめローンを利用すると、過払い金請求ができなくなります。
これ以上借金をかさねたくないというかたは、任意整理を視野にいれてもよいのではないでしょうか。
任意整理は裁判をせずに、弁護士などを介して債務者と相談することで借金を減らすことができる場合があります。
金利の引き直しによってこれまで払い続けたお金が返ってきたり、払い過ぎたお金を元金に充当することができるので、おまとめ以外に任意整理を考えるのもひとつの手段です。
おまとめローン審査のおすすめポイント|銀行ローンの選び方はこちら